カテゴリ:お知らせ( 1 )

犬の涙やけの特効薬エンジェルアイズ(Angels’ Eyes)の危険な副作用。

先日、アメリカのアマゾンからとある商品について要注意メールが届きました。
それは、犬の涙やけの特効薬として知られるエンジェルアイズ(Angels’ Eyes)。

d0298808_13145040.jpg

日本でもサプリメントとして沢山のオンライン・ショップで販売されていますが
「成分:粗タンパク質、粗脂肪、粗繊維質、粗灰分、水分」と記載しているのに
「涙やけの原因であるバクテリアの繁殖を抑えるタイロシンという抗生物質が
内側から働きかけることにより、涙やけを根本から改善する サプリメント」

あくまでもサプリメントだとうたっていますが、抗生物質が入っている以上は
サプリメントではありませんので、日本ではれっきとした薬事法違反
ですよね。

今夏にFDA(アメリカの食品医薬品局)が製造元である会社に警告書を送ったそう
エンジェルアイズは犬や猫に害のない成分ばかりで安心だ、とうたっていますが
実際は抗生物質であるtylosin tartrate(タイロシン)が含まれているんです。
アメリカではタイロシンという抗生物質を犬と猫に処方する事を認可していません

その抗生物質(タイロシン)が含まれている商品名は、以下の通りです。
Angels’ Eyes, Angels’ Glow, Pets’ Spark, Glow Groom, Health Glow


抗生物質なので、一度や二度だけであれば特に問題ではないのかも知れませんが
何度も続けて使用する事によって、身体に耐性菌がどんどん増えてしまうそうです。
結果、わんこやにゃんこが将来病気になったり、感染症などを起こした際に
同系の抗生物質を投与しても、怖い事に全く効かなくなってしまうそうです。


抗生物質のお薬は非常に便利ですが、使う度に常在菌も殺されていくそうです。

例えば愛犬が病気や怪我をした際、大抵の獣医さんはすぐに抗生物質を出しますよね。
その際親切な獣医さんであれば、抗生物質を与えると常在菌まで殺してしまうので
おねしょする事もあるのでプロバイオティックスも与えるようアドバイスしてくれます。
プロバイオティックスは抗生物質で殺された腸内の常在菌を増やす効果があります。
実際我が家のホク@15歳も昨年抗生物質をのんでいた際におねしょをしましたが
プロバイオティックスをあげたら、おねしょがすぐにピタリと止まりましたよ。

また、良識のある獣医さんであれば、抗生物質をそうそう簡単には出してきません。

常在菌というのは、人間や動物の身体に沢山いる私達にとって大切な細菌@善玉菌で
常在菌は、悪い病気の細菌@悪玉菌から私達の皮膚や腸内を守ってくれているんです。

ところが、抗生剤を頻繁または長期に渡り使用すると常在菌が死んでしまうので
風邪を引き易くなったり感染症に掛かり易くなったり病気が治り難くなるんだそう。
そして一番怖いのは、どんどん耐性菌だけが増えていってしまう事だそうで
耐性菌とは抗生剤の効かない細菌のことで、抗生剤を使えば使うほど増えていき
風邪や感染症が治り難くなり長引いたり、また掛かり易くなる原因になるそう。

抗生物質の勘違いや危険性については、こちらのサイトが分り易いのでご覧下さい

タイロシンはバクテリアの増殖を抑えるそうで、膿皮症の犬数匹に投薬した所
膿皮症に効果がみられたそうですが、エンジェルアイズを継続して服用した結果
膿皮症を押さえたり皮膚を上部に保つ為の常在菌(善玉菌)も殺されてしまうそう。
つまりタイロシンを長期間服用すると、膿皮症などの皮膚病を悪化させる事にも。


実際ラニの涙やけが酷かった8年程前に、抗生物質が入っているとは知らずに
数週間使用してみましたが、余りにも効果があったのでビックリしてしまった程。
効果があった為、友人知人にも勧めてしまったので、只今猛反省しております。
ブログを通して知り合った方々の中にも過去に勧めてしまいました。すいません!!!

その後しばらくしてドッグフードを変えた途端に涙やけが薄くなって来ました。
残念ながら香港の大気汚染や高湿度から膿皮症やアレルギーを発症したので
手作り食に変えましたが、涙やけは治りましたが、膿皮症はなかなか治りません。
もしかしたらタイロシンで常在菌が死んでしまったのかも知れないですね(涙。

経験からですが、愛犬の涙やけを治したく、本当に愛犬の身体を心配するのであれば
出来れば手作り食に、または質の良いドッグフードに今すぐ変えてあげてください。

牛の皮(ローハイド)やアキレスに肝臓などもアレルギーを起こし易く涙やけの原因に。
アレルギー体質で足を舐めたりする犬には牛、羊、豚などは避けた方が良いそうです。
また防腐剤や添加物自体がアレルゲンになる場合も多いそうなので、おやつには
防腐剤等が入っていない馬や鹿などの素材100%系の物か野菜などがお勧めです。

またアレルギーが酷かった際に獣医さんから薦められてラニに与えていたフードは
サイエンス・ダイエットですが、アレルゲンが少ないだけではなく栄養価が殆どないので
あっという間にやせ細り、毛並みも悪くなり、皮膚もカサカサになってしまいました。
このままでは危険だと思い、手作り食に変えた途端に皮膚も毛並みも良くなりました。
[PR]
by mrs-hkg2 | 2014-10-17 11:11 | お知らせ

海外生活20年目の「極妻(極道ではなく、極楽なアメリカ人の妻の略)」の楽しい香港での生活に、旅行、美味しいモノ、愛犬の話等、さくっとご紹介♪


by mrs-hkg2

タグ

(245)
(198)
(125)
(75)
(70)
(55)
(55)
(47)
(46)
(44)
(35)
(30)
(27)
(23)
(20)
(16)
(14)
(13)
(12)
(8)

メモ帳

フォロー中のブログ

はむの助の独り言
アメリカ極妻日記 ー極楽...
海を眺める家
アメリカ極妻の旅行日記♪
新 LANILANIな日々
旅のメモ帳
jackie style
香港極妻日記 ー極楽非凡...
Bon! Bon Voyage
Always a Gro...
Resumption o...
馬来西亜彼女 in Ho...
Bon! BonVoya...

カテゴリ

全体
ごあいさつ♪
香港
旅・バケーション
ホクラニ
九龍
アメリカ
お買い物・気になるモノ
お知らせ
アメリカン・ホリディ
日本
中国
祝日
未分類
マカオ
未分類

以前の記事

2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。